1. HOME
  2. 事業案内
  3. 事業案内
  4. CCRC地方創生

事業案内

Service

事業案内

CCRC地方創生

医療・介護・研究をコアとした
『住み続けられる街』の創出。

CCRC≪継続的なケア付きの高齢者達の共同体≫ の『街』。
医療施設、介護施設、研究施設を基幹施設として設立。基幹施設をコンパクトに形成することで、将来の展開スペースを広く確保し、関わる皆様と共に未来の大きな街づくりを進めていきます。
三つの施設の間に、大型駐車場と広場からなるセンターコートを設け、各建物の間は福祉対応のスロープでつながれた、安全な街を創出します。

センターコートは充実が集まる広場です。将来的にショップ、フィットネス等、娯楽楽しさも盛り込んだ街になります。

また映像ルーム・図書館・カルチャーセンターを運営。高齢者だけではなく、お子様も安心安全に楽しめる街を目指して、また地域貢献を目指す建物として、地域に開放する施設を運営し、将来的に公共による維持管理を目指します。

研究機関の一部を利用して、研究者、医療スタッフ、介護職員の住居も用意。スタッフにも愛される街を目指し、若い世代にを含めて多世代の住民が住む街づくりを目指します。

CCRCとは
『Continuing Care Retiement Community』の略。

直訳で「継続的なケア付きの高齢者達の共同体」。

元気なうちに地方に移住し、必要な時に医療と介護のケアを受けて住み続けることができる場所のことです。
日本では有識者会議で〈日本版CCRC構想〉をまとめ、高齢者に健康なうちから地方移住を促し、都市部の人口集中の緩和と地方の活性を目指す。
健康なうちから移り住み、段階に応じたサービスを享受できる環境。